神戸のボイストレーニング、ボイトレ、ボーカルスクールならボーカル教室 HS DREAM
  1. 神戸のボイストレーニング、ボーカルスクールはボーカル教室 HS DREAM TOP>
  2. お知らせ・日記>
  3. 2018年7月28日(土)かつては洋楽曲をカバーする日本人歌手が多かった

かつては洋楽曲をカバーする日本人歌手が多かった

2018年7月28日(土)

1970年代~1980年代あたり(それ以前もそうかもしれませんが)は日本人に欧米への憧れがあったように思います。
当時のアメリカドラマなどを見ると、かっこいいなと思ったものです。

チェッカーズさんの「Song for U.S.A.」などはそれが現れている歌ではないでしょうか。
ちなみに管理人はこの歌が大好きでした。
この歌を初めて聴いた時、いい歌だなと思ったものです。

当時は洋楽曲をカバーする日本人歌手が多かったと思います。
日本語版のカバー曲を先に知り、後から洋楽の原曲版を知るというパターンですね。

Winkという女性二人組のアイドル歌謡ユニットが活躍されました。
無表情に歌って、ロボットのような独特の振り付けが印象的でした。
振り付けの練習(トレーニング)も相当されたのでしょう。

Winkさんの歌は意外に洋楽カバー曲が多いんですね。
「Sugar Baby Love」
「愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜」
「涙をみせないで 〜Boys Don't Cry〜」
「Sexy Music」
「夜にはぐれて 〜Where Were You Last Night〜」
「永遠のレディードール 〜Voyage Voyage〜」
「JIVE INTO THE NIGHT 〜野蛮な夜に〜[HYPER EURO MIX]」
※シングルのA面のみ挙げてみました

「Sugar Baby Love」はWinkさんのデビューシングルですね。

「Sexy Music」の原曲は「ノーランズ」というイギリスの女性グループの「Sexy Music」です。
メロディーが原曲と比べアレンジされているので、聴き比べても違った歌ということで楽しめると思います。

Winkさんの歌をレッスンで練習(トレーニング)される方はまだいませんね。
是非どなたか挑戦されてみてはいかがでしょうか。

夏の空と音符


もどる                                          

Menu


無料体験レッスン実施中!

30分無料体験レッスンです。
お気軽にお申し込み下さい。


お電話
☎078-904-6006

神戸のボイストレーニング、ボイトレ、ボーカルスクールならボーカル教室 HS DREAM